憧れブランドのウェディングドレス、相場から持ち込みトラブルまでを徹底解説

HOME » ウェディングドレスの相場&価格の裏側 » レンタルの相場って幾らぐらい?

レンタルの相場って幾らぐらい?

ここでは、ウェディングドレスのレンタル価格の相場をリサーチしています。式場付属のドレスサロン・デザイナーズ・ドレスショップなどの形態ごとに、レンタル価格やメリット・デメリットをまとめてみました。

結婚式場付属のドレスサロン

ドレスをレンタルするのに最も一般的なのが、結婚式場に付属しているドレスショップや提携店からのレンタルだと思います。

ですが、式場によって価格はまちまち。ネットで調べた口コミでは、以下のような例が挙げられていました。

  • パック料金だと、花嫁は20万円以内で選ばなければいけなかったのですが…結果は23万円。予算内だと、ありえないくらいダサいものしか選べなかったです。素敵だなぁ、と思えるものは、30万円以上でした。
    新郎のパック予算は10万円以内だったのですが、何でもいいや、と思ったら大間違い。とんでもないデザインばかりで、結局13万円でオーバーしちゃいました…。
  • ホテルの衣装からウェディングドレスをレンタルして、小物込みで7万円でしたよ。お色直しはしていないので、カラードレスのお値段は不明です。
  • ウェディングドレス・カクテルドレス・タキシード2点の計4点で、25万円でした。ホテルが衣裳屋さんもやっていたので、業者が入っているところより安かったみたいです。
    でも、実は最初の価格提示に納得がいかず、担当者の方に安かった別ホテルの見積りを見せて交渉して、衣裳屋さんに話を通してもらったんですけどね。。。
  • 提携店で小物や靴類込みで、ウェディングドレスが約25万円、提携外で借りた小物や靴類込みの色ドレスが約25万円でした。
    提携店はさらに10%割引、提携外のお店からの衣裳は持ち込み料がかかりましたが、10%割引&持込料半額負担をしてくれました。ちなみに、インナーは別途購入です。
    どちらのお店も8万円からありましたが、10万円以内のドレスは少なくて、デザインもイマイチ…イマニくらいのものばかりでした(涙)。
  • 持ち込み不可の式場だったため、提携店からレンタル。ドレスが26万円、カラードレスが27万円。加えて、保険料が2着/2万8,000円。さらに、小物等は別料金だそうで、まだプラスになりそうです…。
  • ドレスと黒引袖をレンタルして60万だったのが、提携式場の紹介なので44万円になりました。ダンナ様のタキシードと袴は約10万円。ベールなどの小物は別途1万5,000円程度かかりました。
    結果、2人2着ずつ着て、約55万円かかってしまいました。
  • 新婦のウエディング&カクテルドレスと白無垢、新郎のタキシード2着と袴一式で、合計100万円近くに!安いレンタルのお店も見たんですが、ペラペラの学芸会みたいな衣裳で萎えてしまいました。。。
  • 私のウェディングドレス・イブニングドレスで30万円弱。旦那さんはタキシードのみで6万円くらい。いろいろ見ましたが、そこそこのクオリティのものは30万円程度はするみたいです。

価格だけで言えば、10万円以内のものも揃ってはいるようです。が、デザインや品質を見ると、とても借りる気になれないのだとか…。このくらいなら大丈夫かな、と妥協できるレベルで、ドレス1着20万円後半~30万円にはなってしまうようです。

ここで注意したいのが、旦那様の衣裳とドレスまわりの小物。新郎の衣裳だって新婦に合わせると意外に高くなってしまうし、ドレスのインナーなど、物によってはレンタルできず購入しなければいけないこともあります。トータルで考えると、ドレス代+10~15万円(新郎衣裳&小物代)は予算として考えておいた方が良いでしょう。

式場付属の衣裳屋さんで借りるメリットは、持ち込み料や保管料などがかからないこと。ドレスは担当者がしっかり管理してくれるので、自宅保管でシワや汚れをつけてしまう心配はありません。

また、式場によっては、コンセプトに最もマッチしたドレスショップを置いているため、デザインや色合いなどが式場の雰囲気とピッタリ合うようになっています。

デメリットとしては、やはりその価格。幅広い選択肢があるとはいえ、実質選べるのは20~30万円代のもの。ドレスショップで理想のドレスを見つけて、持ち込み料を交渉しても、あまり変わらない金額なのかもしれません。衣裳にこだわりのある方は、契約前に持ち込みができるかどうかをさりげなく聞いて、OKの確約をもらっておくという裏技も試してみるべきかも。

ブランドドレスのショップ

やはり高価なイメージがあるブランドのウェディングドレス。実際の価格相場はというと…。

  • 一度は着てみたいと思い、老舗ブランドのお店で試着をしてみました。が、驚きの価格!ドレスが1着25万円~、着物が1着30万円~。この位は当たり前、さらに高額なものもザクザクありました。
    でも、不思議なことに販売価格はドレス1着30~40万円程度。予算に余裕があるなら、買ってもいいかもって思えました(もちろん、私に予算はないワケですが…)。
  • 新作の憧れブランドドレス、レンタルで30万円でした。やっぱり高かったけど、まだ誰も着ていなかったから新品だったし、登場したときの友人一同の歓声も嬉しくて…。お色直しを諦めたけど、理想のドレスが着られたから、結果的に大満足です。
  • デザイナーズブランドなのに、レンタル価格は20万円代ととってもお手ごろ。照明を浴びた時の光り方が安っぽくなくて、本物のシルクはちがうわぁ~って即決しちゃいました。
    持ち込み料はブランドショップが肩代わりしてくださったので、トータルで見ると式場でレンタルするよりお得だったかも。

上記に記載した「式場付属店」と比べて、総合的にはほとんど変わらない結果だったんです。これはちょっと驚き。

ブランドショップでウェディングドレスをレンタルするメリットは、やはり理想の1着が着られるという点に尽きます。一生に1回のことですし、沢山の写真や動画にも残る姿ですから、いちばん似合う衣裳でキレイに撮られたいですよね。

デメリットだと思っていた価格についても、レンタルであれば以外に高くない。式場付属のショップと変わらないという口コミが多く見られました。

ただし、大きなデメリットは「持ち込み料がかかること」です。式場にもよりますが、保管料(持ち込み料)として5~10万円が掛かります。支払わない場合は、シワや汚れのリスクを背負って自宅保管することに…。しかも、持ち込み料は別途掛かってしまいます。さらに、式場によっては当日の衣裳部屋やそれを管理する人件費なども要求してくる場合だってあるのだとか。

この理不尽な持ち込み料については、別のページでも詳しく解説しています。

デメリットを軽減するには、「事前に持ち込みOKかを確認しておき、NGな場合は何らかの理由をつけて(こじつけっぽくても頑張ってみて(笑)!)、OKにならないか相談しておく」「レンタルするブランドショップにも相談し、レンタル料の値引き、もしくは持ち込み料の肩代わりをしてもらえないか相談する」というのが有効。ちょっと厚顔無恥になる必要はあるけど、理想のドレスを着るためにチャレンジしてみる価値はありそうです。旦那様にも応援してもらって!

ドレスショップ

手作りに近い感覚のアトリエから、格安を謳うショップまで、貸し衣裳店も形態はさまざまです。なので、そのお店の形態によって、価格帯も幅広いのです。

  • 1着で30%割引、2着だと2つとも50%割引に。新郎新婦セットの場合は、別途割引プランもありました。(格安店の場合)
  • ドレスが8万円からととってもお安くて試着に行ってみたのですが、写真撮影ならまだしも、実際に挙式で着るのはなかなか厳しいモノばかり。やっぱり値段の誘惑に負けちゃダメですね。(格安店の場合)
  • ノンブランドですが、手作りでほとんどオーダーだったので、ドレスだけで30万円近くになってしまいました。旦那様は式場からレンタルにします(泣)。(個人アトリエの場合)

ただ、こちらも式場と提携していない場合は、持ち込み料がかかります。こうなると交渉力がものを言いますから、ふたりで協力して式場に相談してみてくださいね。

格安店の値段のカラクリについては、別のページでもご紹介しています。興味のある方はぜひチェックを。