憧れブランドのウェディングドレス、相場から持ち込みトラブルまでを徹底解説

HOME » ウェディングドレスの相場&価格の裏側 » インナー・小物の価格もチェック

インナー・小物の価格もチェック

ここでは、ウェディングドレスとともに身につけるティアラやシューズ、グローブのほか、必須アイテム・ブーケなどの小物について、お値段の相場などを調査した結果をまとめています。

アイテム別・ウェディングドレスまわりの小物の価格相場

理想のドレスが決まったら、その後は小物選びが待っています。「ドレスは予算ギリギリだったんだけど、小物を足したら意外に高くて予算オーバー(涙)」なんて先輩花嫁の声もありますから、事前に価格帯を知っておきたいところ。

以下に、主なアイテム別の価格相場(下限~上限の一般的な範囲)をまとめてご紹介していきますね。

  • ブーケ…一般的な花束とちがい、ウェディングブーケはかなり高額。通常なら安いお花屋さんでも2万円~3万円、雑誌掲載されているアトリエだと4万円~5万円、ホテル付属のフラワーショップだと5~7万円するところもあります。
    これは、ドレスや好みに合ったお花を仕入れなければいけない・挙式当日に最もキレイに開くお花を選ばなければいけない、といった制約からくる価格なんです。また、長時間ライトなどにあたってもヘタったりしおれたりしないよう、保水にも充分に注意せねばならないのも、通常のブーケよりもお値段が嵩んでしまう理由なのだとか。
    また、ホテルや式場と提携しているフラワーショップの場合は、提携先に紹介料として仲介マージンを払わなければならないため、ますますお値段が上乗せされてしまうのだそうです…。
    ただし、ショップによっては1万5,000円程度からウェディングブーケを作ってくれるところもあります。持ち込み料など式場の制約がない場合は、こういったショップを探してみると、意外なほど節約ができるかもしれません。
  • ヘッドドレス
    …ティアラやクラウンのほか、ボンネやラリエットなど、髪につけるアイテム。レンタルだと、安いところで1,000円~3,000円台のものがネットで見つかります。本物の宝石を使用したものだと、レンタルでも1万5,000円~。有名宝石店からのレンタルだと、4~5万円程度は掛かってしまうようです。
    購入する場合は、ネットの激安店なら999円といったプチプラなものもありました(さすがにコレは結婚式などのフォーマルではないイベント用のようですが)。スワロフスキーを使ったものでも、5,000円程度で購入できるので、「後々使うことはないけど、レンタルと同じくらいだから買っちゃいました」という方が多いみたいです。
  • ベール
    …ウェディングドレスには必須アイテム。花嫁の顔を神秘的に輝かせます。こちらは長さによってお値段が大きくちがうようで、ベルガールが持つような超・長いベールは、レンタルでも3万円~5万円はするようです。背中くらいまでの短いものなら、レンタルで3,000円~4,000円程度。
    購入する場合は、肘くらいまでの長さのミドルタイプで8,000~15,000円、程度のものがネットでは一般的でした。このくらいの長さなら、さまざまなドレスに合わせられるため人気のようです。
  • アクセサリー
    …実はこれがドレスの高級感を左右します。ネックレスやイヤリング、ブレスレットなど。レンタルする場合だと、パールのチョーカー(首に沿う短いネックレス)で5,000円~8,000円程度のものがネットで見つかりました。
    ですが、宝石店からのレンタルの場合は、パールのティアラ・チョーカー・イヤリングがセットで7万円…と、こちらもブランドやお店によって大きな開きがあるようです。
    さすがに高いものなので、このために購入した、という方はあまりおらず、お母様やお婆様のものを譲り受けたりされる方も多いみたいですよ。
  • グローブ(手袋)
    …ノースリーブのドレスなら肘まであるロンググローブ、袖があるドレスには短い丈のものなど、これひとつで特別感が出せるアイテムです。ネットで調べてみると、チュールを使った短め(手首~肘に届かないくらいまで)のものなら、1,000円~5,000円程度で購入ができるようです。
    ずっと身に着けるものなので、レンタルよりも購入される方の方が多い印象ですが、ドレスによってはグローブも同質の素材などで統一しないとチグハグになってしまうため、レンタルしなければいけない場合も。その場合、レンタル料はブランド物だとドレスのお値段に含まれていることがほとんどですが、ショップによっては別料金の場合もあります。
    また、さらに安く抑えるために、ネットでレンタルされる方も。その場合、400円~2,000円以内で借りることが可能です。
  • パニエ
    …ドレスのスカート下に仕込んで、Aラインやプリンセスラインのふくらみをキレイに出すためのアイテム。ネットでレンタルすれば、2,000円~5,000円程度で納めることができます。
    レンタルドレスに含まれている場合と含まれていない場合もあり、含まれていない場合は、見えない部分だから少しだけでもこういった箇所で節約をする、という花嫁さんも多いようです。
  • インナー
    …ドレスにはドレス用の下着があるんです。着ると着ないとでは、ドレスのシルエットや全体的なスタイルの印象がガラリと変わる重要アイテムです。ドレスのレンタルには基本的に入っていないことが多いので、購入が基本となります。
    ウェディングドレスの専門店だと3万円~5万円とやはり高額ですが、下着専門店だと3,000円~8,000円程度から購入できるアイテムも。ドレスのタイプによって、買い分けるのも賢い方法かもしれませんね。ちなみに、レンタルもあり、3,000円程度でドレス用のインナーが借りられます。レンタルに抵抗がない方なら、かなりお得になりますね。ただし、肌に触れるものなので自分専用のほうが安心できるかもしれません。
    ウェディングのジンクスでもあるサムシングフォーの1つ、サムシングニューにちなんでインナーは新しいものを用意してみてはいかがでしょうか。ドレスのデザイン、特に背中が大きく開いたものや体のラインが出るものはブライダルインナーによる補正で仕上がりも左右されます。式の後もフォーマルな装いの際や産後の体形戻しに活用する先輩花嫁さんもいるので、自分に合ったものを準備しておいても損はないでしょう。ブライダルインナーのブランドや選び方については「ブライダルインナーNAVI」に詳しく掲載されています。