憧れブランドのウェディングドレス、相場から持ち込みトラブルまでを徹底解説

JUNKO KOSHINO

このページでは、コシノジュンコデザインのウェディングドレスブランドについて、その特徴や価格、口コミ評判などをまとめてご紹介しています。

コシノジュンコほか、ウェディングドレスブランドの一覧表はこちら>>

リゾート婚とタッグを組んだコシノジュンコのウェディングドレス

ウェディングドレスブランド「JUNKOKOSHINO(コシノジュンコ)」のHP。

コシノジュンコのウェディングドレスは、海外・国内のリゾート挙式を手がける事で有名な「ワタベウェディング」から発売されています。スタートは2008年1月。意外にまだ新しいブランドなんですね。

コシノジュンコといえば、“コシノ3姉妹”の次女として有名なデザイナー。実はブライダルは今まで手がけていなかったんです。自身のブランド以外では、中学校や高校の制服のデザインなどでも知られていますね。

意外なトリビア?としては、「俺たちひょうきん族」のあみだババァの衣装を手がけたのも、コシノジュンコなんですって(笑)。

もちろん、デザイナーとしては一流。中国やベトナム、キューバなど、海外でもショーを行うなど、現在も幅広く活躍中です。

そんなコシノジュンコのウェディングドレスは、クラッシックな花嫁衣裳にモードなスパイスをきかせた大人っぽいデザインが中心。プリンセスラインがメインなのですが、直線的なカッティングなどで、ちょっとアート系なイメージを醸し出しています。

人とは違ったドレスを着たい人、シンプルなおしゃれが好きな人や、大人のウェディングにお勧めといえそうですね。

コシノジュンコデザインのドレス、お値段は

気になる価格ですが、コシノジュンコという一流デザイナーが手がけるウェディングドレスとしては、良心的。

販売価格で、20万円代後半~40万円以内のものがほとんどです。

海外挙式をする際の衣装として提案されているものなので、旅費などを鑑みて抑え目なのかもしれませんね。

ウェディングドレスブランド「JUNKO KOSHINO(コシノジュンコ)」の人気ドレス。

人気のデザイン、新作ドレスをチェック!

ブランド発表時に話題になったのは、「トライアングルドレス」と呼ばれるもの。膝くらいまではシンプルなAラインのドレスなのですが、膝下からは細かなプリーツが何段にも重なる柔らかなデザインとなっています。ドレスのAラインがシンプルゆえに際立つので、三角形=トライアングル、なのでしょう。

次いで新作を見てみると、「波」と「羽根」をイメージした2作が。それぞれ、「波」はAライン部分にウェーブ状のデザインがほどこされたワンショルダー(ここがモードなコシノジュンコらしいところ)、「羽根」は細かなプリーツ状のAライン部分が小鳥の羽根を思わせるデザインです。

決して派手ではないけど、大人っぽさ、モードっぽさを感じるデザイン。好みは分かれそうですが、オシャレなカップルのシンプル婚にはぴったりだと思います。