憧れブランドのウェディングドレス、相場から持ち込みトラブルまでを徹底解説

Ar.YUKIKO

このページでは、ウェディングドレスブランド・アールユキコ(Ar.YUKIKO)について、その特徴や価格、口コミ評判などをご紹介しています。

アールユキコ(Ar.YUKIKO)ほか、ウェディングドレスブランドを一覧で見る>>

100%ピュアシルクのウェディングドレスブランド

ウェディングドレスブランド「Ar.YUKIKO」のHP。

Ar.YUKIKO(アールユキコ)は、デザイナー西村有紀子が手がける、リーズナブルなのに高級感あふれるウェディングドレスのブランドです。

1997年に設立し、東京・大阪でショップを展開。12年連続でウェディングドレスが載っている雑誌のランキング入りを果たしているという人気ぶりなんです。

デザイナーの西村女史は、自身の結婚をきっかけに、自分が着たくなるドレスが作りたいとブランドを立ち上げました。2005年からは、7年連続でミスインターナショナルのジャパンオフィシャルデザイナーに選ばれ、2008年からはミスワールドのジャパンオフィシャルデザイナーも3年連続で兼務しています。 現在までに、3万3,000人のウェディングをプロデュースし、6,000人の生徒を指導したという経歴の持ち主です。

そんな西村女史が手がけるドレスは、100%ピュアシルクを使用。肌に吸い付くような本物のシルクの感触を味わうことができます。シルクと言えば高級なイメージですが、アールユキコはレンタル価格で購入が可能。リッチ感と手ごろさ両立させているのも、このブランドが人気を得ている理由のひとつなんですね。

レンタル価格で高級ドレスがマイドレスに

アールユキコの特徴でもある良心的な価格は、先輩花嫁も大絶賛。オーダーでも30~40万円、レンタルなら20万円代で着ることが可能です。

また、カラードレスをレンタルされる場合、半額の料金でレンタルが可能。さらに、日を改めたパーティの場合、同じドレスなら5万円でレンタルOKといいますから、お得さ◎ですね。

ピュアシルクのドレスを格安ともいえる料金で着られるとあって、人気のデザインは早いもの勝ち、かもしれません。

Ar.YUKIKOドレスで人気のデザインは

マーメイドやエンパイヤはあまりなく、Aラインやプリンセスラインがメイン。洋画の中で、結婚式に花嫁が着ているドレスのようなイメージです。

シンプルで華美は装飾はあまりありませんが、シルクの質を楽しむならこんなデザインが正解なのかもしれませんね。

カラードレスも色を活かしたシンプルなデザインが多く、ここでもシルクの質感が活きています。

逆にいえば、凝ったものを希望している方にはイマイチかもしれません。が、大人っぽい結婚式を挙げたいカップルには、最適なウェディングドレスだと思います。

ブランド「Ar.YUKIKO」の人気ウェディングドレス。

シンプルシックなドレスを纏った花嫁の口コミ評判

  • ベースのシルクだけでなく、レースも品がよくて高級感のあるものでした。クリスタルがちりばめられた珍しいデザインも、お気に入りポイントのひとつです。他で着たドレスよりも軽くて動きやすかったのも嬉しかったです。大人っぽさの中に可愛らしさもあって、まさに“大人可愛い”ドレスだと思います。
  • デザインが気に入ったのはもちろんですが、着心地の良さも魅力でした。一度着たら、脱ぎたくなくなるくらいです(笑)。
  • お店に入るまではちょっと敷居が高い感じですが、営業が強いわけではないので安心してください。デザイナーさんがいらしたのですが、ちょこっとだけ近寄りがたいイメージでした…。
  • ドレス自体はお安かったのですが、手袋やベールなどの小物を購入したら、50万円オーバーという結果に。でも、その分ドレスは本当に素敵なので、後悔はしていません!